본문 바로가기

2019光州世界水泳選手権大会組織委員会 個人情報取扱方針

  • 2019光州世界水泳選手権大会組織委員会(以下「組織委員会」という。)が取扱う全ての個人情報は、関連法令に準拠し、あるいは情報主体の同意により収集・保有・処理されており、保有する個人情報を保護するとともに情報主体による苦情などに迅速かつ円滑に対処できるよう個人情報保護法第30条に基づき以下のように個人情報取扱方針を定め公開します。
  • この方針は別途の説明がない限り、当組織委員会が運用する全てのウェブサイトに適用されます。
第1条(個人情報の取扱目的)

組織委員会は、以下の目的のために個人情報を取扱います。取扱う個人情報は以下の目的以外の用途には利用されず、利用目的が変更される場合には個人情報保護法第18条に基づき別途の同意を得るなど必要な措置を講じる予定です。

  • 1. ホームページ会員の加入および管理
    • 会員加入意思の確認、会員制サービスの提供に伴う本人の識別・認証、会員資格の維持・管理、制限的本人確認制の施行に伴う本人確認、サービスの不正利用の防止、満14歳未満の児童の個人情報取扱いにおける法定代理人の同意有無確認、各種告知・通知、苦情対応などを目的に個人情報を取扱います。
  • 2. ボランティアの募集および運営管理
    • ボランティアの活動実績管理と保険加入を目的として個人情報を取扱います。
第2条(個人情報の取扱および保有期間)
  • ① 組織委員会は、法令に基づく個人情報の保有・利用期間、または情報主体から個人情報を収集した際に同意を得た個人情報の保有・利用期間内で個人情報を取扱い、保有します。
  • ② 組織委員会が定める個人情報ファイルにおける個人情報の取扱いおよび保有期間についての詳しい内容は、以下の通りです。
個人情報ファイルの管理対象 リンク
第3条(個人情報の第三者提供)
  • ① 組織委員会は、情報主体の個人情報を第1条(個人情報の取扱目的)で明示した範囲内でのみ取扱い、情報主体の同意、法律上の特別な規定など個人情報保護法第17条に該当する場合に限り、個人情報を第三者に提供します。
  • ② 光州広域市が法令に準拠し、通常的に他の機関に提供する個人情報の現況は以下の通りです。
個人情報第三者提供の現況 リンク
第4条(個人情報処理の委託)
  • ① 組織委員会は、円滑な個人情報業務処理のために以下の通り個人情報取扱業務を委託しています。
    個人情報関連委託の現況 リンク
  • ② 組織委員会は、委託契約の締結に当たり個人情報保護法第25条に基づき、委託業務の遂行目的以外での個人情報の取扱い禁止、技術的・管理的保護措置、再委託の制限、受託者に対する管理・監督、損害賠償など責任に関する事項を契約書などの文書に明示し、受託者が個人情報を安全に取扱っているか監督しています。
  • ③ 委託業務の内容や受託者が変更される場合には、直ちに本個人情報取扱方針を通じて公開いたします。
第5条(情報主体の権利・義務・行使方法)
  • ① 情報主体は組織委員会に対し、いかなる時でも個人情報の閲覧・訂正・削除・取扱停止を要求するなどの権利を行使することができます。
  • ② 第1項に基づく権利の行使は、組織委員会に対し書面、電話、電子メール、FAX送信などを通じて行うことができ、組織委員会はこれに直ちに対処いたします。
  • ③ 情報主体が個人情報の誤りなどについて訂正または削除を要求した場合には、組織委員会は、訂正または削除を完了するまで当該個人情報の利用や第三者提供をしません。
  • ④ 第1項に基づく権利の行使は、情報主体の法定代理人や委任を受けた者などの代理人を通じて行うことができます。この場合、個人情報保護法施行規則別紙第11号の書式に則った委任状を提出しなければなりません。
  • ⑤ 情報主体は、個人情報保護法などの関係法令に違反して組織委員会が取扱っている情報主体本人や他人の個人情報および私生活を侵害してはなりません。
第6条(取扱う個人情報の項目)
  • 組織委員会は、以下の個人情報項目を取扱っています。
個人情報ファイルの管理対象 リンク
第7条(個人情報の破棄)
  • ① 組織委員会は、個人情報保有期間の経過、取扱目的の達成など個人情報が不要になった時には、直ちに当該個人情報を破棄します。
  • ② 情報主体から同意を得た個人情報保有期間が経過したり取扱目的が達成されたりしたにもかかわらず、他の法令に基づき個人情報を継続して保存しなければならない場合には、当該個人情報を別途のデータベース(DB)に移管、あるいは異なる場所に保管して保存します。
  • ③ 個人情報破棄の手続きおよび方法は以下の通りです。
  • 破棄手続き
    • 組織委員会は、破棄事由が発生した個人情報を選定し、組織委員会の個人情報保護責任者の承認を得て個人情報を破棄します。
  • 破棄方法
    • 組織委員会は、電子的なファイル形態で記録・保存された個人情報については記録を再生することができないように破棄し、紙文書に記録・保存された個人情報についてはシュレッダーで裁断、あるいは焼却して破棄します。
第8条(個人情報の安全性確保対策)

組織委員会は、個人情報の安全性確保のために以下のような対策をとっています。

  • 管理的対策 : 内部管理計画の策定・施行、定期的な職員教育など
  • 技術的対策 : 個人情報処理システムなどへのアクセス権限管理、アクセスコントロールシステムの設置、固有識別情報などの暗号化、セキュリティプログラムの設置
  • 物理的対策 : 電算室、資料保管室などへのアクセスコントロール
第9条(個人情報自動収集装置の設置運営および拒否に関する事項)

組織委員会は、情報主体の利用情報を保存し必要に応じて呼び出す「クッキー(cookie)」を使いません。

第10条(個人情報保護責任者)
  • ① 組織委員会は、個人情報の取扱いに関する業務を統轄し責任を負い、個人情報の取扱いに関する情報主体の苦情への対応や被害の救済などのために下記のように個人情報保護責任者を定めています。
    • 個人情報保護責任者
      • 氏名 : チャン・ミョンファン
      • 職位 : 運営本部長
      • 電話番号 : 062-616-3400
    • 個人情報保護担当部署
      • 部署名 : 情報通信部
      • 担当者 : チェ・ジョンヒョン
      • 電話番号 : 062-616-3523
      • FAX : 062-616-3529
      • メールアドレス : cjh0505@fina-gwangju2019.com
  • ② 情報主体は、組織委員会のサービス(または事業)の利用に伴い発生した全ての個人情報保護に関する照会、苦情対応、被害救済などに関する事項を個人情報保護責任者および担当部署に問い合わせできます。この場合、組織委員会は情報主体の問い合わせに対し、直ちに回答し対処いたします。
第11条(個人情報の閲覧請求)

情報主体は、個人情報保護法第35条に基づく個人情報の閲覧請求を下記の部署に行うことができます。この場合、組織委員会は個人情報主体による個人情報の閲覧請求が速やかに処理されるように努力いたします。

  • 個人情報閲覧請求の受付・対応部署
    • 個人情報ファイルの管理対象に記載されている閲覧請求部署(第2条2項)
第12条(権益侵害の救済方法)

情報主体は、下記の機関に対し個人情報の侵害に対する被害救済、相談などを依頼することができます。

<下記の機関は、組織委員会とは別個の機関です。組織委員会による個人情報についての苦情対応や被害救済の結果に満足いただけない場合や、さらに詳しいサポートが必要な場合には、こちらの機関にお問い合わせいただけますようお願いいたします。>

  • 個人情報侵害申告センター (韓国インターネット振興院が運営)
    • 所管業務 : 個人情報侵害事実の申告、相談の申込み
    • ホームページ : privacy.kisa.or.kr
    • 電話 : (局番なし) 118
    • 住所 : (58324) 全羅南道 羅州市 振興ギル9(ピッカラム洞301-2)3階 韓国インターネット振興院 個人情報侵害申告センター
  • 個人情報紛争調停委員会 (個人情報保護委員会が運営)
    • 所管業務 : 個人情報紛争調停の申立て、集団紛争の調停
    • ホームページ : www.kipico.go.kr
    • 電話 : (局番なし)1833-6972
    • 住所 : (03171) ソウル特別市 鍾路区 世宗路209 政府ソウル庁舍4階 個人情報保護委員会
  • 大検察庁サイバー捜査団 : 局番なし 1301(www.spo.go.kr)
  • 警察庁サイバー安全局 : 局番なし 182 (cyberbureau.police.go.kr)
第13条(個人情報取扱方針の変更)

この個人情報取扱方針は、2018年10月4日より適用されます。

Official FINA Partners

  • Nikon
  • Yakult
  • Arena
  • Myrtha Pools
  • OMEGA
  • SAMSUNG

Official FINA Suppliers

  • DURAFLEX
  • Malmsten
  • MiKASA